続きを読む
クリームを添えて 山本握微

僕は、その見た目通り、甘いものが好き。ということで、クリームが好き。そこに意外性はない。カスタードクリームも、まあ良いけれど、やはり白いクリームが好き。生クリーム、と、ホイップクリームの違いについては今調べたけれどよくわからなかった。ここでは単純に「クリーム」としておきましょう。

さて、本記事は「肉を焼いて」 http://yosomi.jp/article.php?id=366 「肉を焼いてってば」 http://yosomi.jp/article.php?id=367 の続きのようなものです。余所見限定スペシャル作文。これらはつまり「何故もっと素直にどんどん肉を焼いていかないのか」という話でありまして、最近クリームについても同様のこと思います。

まず、かつてクリームを味わうといえば、ケーキ、は非日常のこととして、普段は「クレープ」でした。勿論、普段もクレープをそんな食べるわけじゃないのだけど。イトーヨーカドー堺の四階といえば、過日遂に倒産した天牛堺書店ですが、僕にとっては「クレープコペ」でもありました。小さい頃、家族でヨーカドーを訪れた際は決まって「生クリームバナナチョコ」を買ってもらいました。一人で行くようになってからは、まあそんな頻繁に買えるものでもないですが、たまには買っていました。美味しかったですね。今は時折、ディッパーダンでクレープを買いますが、これは包み方が無粋な円柱タイプ、コペの方が美味しかったと思います。

コペは、ヨーカードー自体がなくなるよりも一足先に閉店しました。え……クレープといえば永遠の鉄板料理では、と大変なショックを受けましたっけ。クレープ、実は流行品。よく知らないけど何時だったか原宿でヒットして? それから全国に普及したけれど、それも束の間のブームで廃れただけに過ぎない。タピオカのようなものなのでしょうか。

最後にコペでクレープを食べたのはいつだっけ。覚えているのは高校生の時。或る日ふらふらコペに食べにいくと、違うクラスなので直接的に話したこと無いが、友人のバンドでドラムをやっているすごく格好良い女性が、そこでバイトをしていたのでした。「生クリームバナナチョコひとつ……」何となく気まずい感じでお互い気付かないふりしましたが、あれは恥ずかしかった。方やバンドもバイトもやってる高校生にして大人な女性、方や親からもらった小遣いでクレープを一人で食べにきた文字通りの太ったガキ……甘いクリームにまつわる苦い思い出と言えましょう。

ということで現在、クリームを日常的に食べようと思ったら、コンビニの菓子パンに活路を見出すことになります。が、これがご存知の通り、意外とない。クリームパン、といえばこれも鉄板ですが、カスタードクリームのこと。いやそれも美味しいですけどね、白いクリームの持つ背徳感とは全く別物と考えてよいでしょう。

で、探せばあるにはあるのです。クリーム使ったパンが。しかし、それは何故か、クロワッサンに砂糖をまぶした中にクリームを入れる形だったり、ただでえさえ甘ったるいメロンパンの間に挟んだり、あんこと一緒にしたり。何故か「単体で身体に悪そうなくらい甘い菓子パン」に、更に駄目押しする形でクリームを付加するばかり。おいおいちょっと待てよと。余計なことはせんでええんや。これがたまたまと思いきや、最近意識的に探していますが、各社ともこの有様。クリーム単体の純粋性を損ねるパンばかり。

以前、普通のカスタードクリームパンのように、単に中身がホイップクリーム、みたいな一本独鈷の商品がヤマザキパン辺りから出てたように思うのだけれど、それが無い。

で、先日、ローソンでやっと「ホイップサンド」パンが出ました。期間限定っぽいやつ。いや、そんなスタンダードが期間限定ってなんでやねん!と言いたくなりますが、まあ良いでしょう。もこもこしたふつうのパンにホイップクリームが挟まれている。そうそう、これこれ……と手に取ると……

「やりすぎ!」

という装飾文字が語頭に附加されていることを発見します。正式名称「やりすぎ!ホイップサンド」……なんでや。なんで素直に、普通に、ただ適量のクリームを入れるだけですませられんのや……。

まあ、これは3回くらい食べましたが。でもまた見掛けなくなりました。こんなんでも、まあ、今思えば、あるだけ良かった。実際のところ、量が多い分には別に重要な問題はない。そもそも適量がわかんないし。それでも「やりすぎ!」と言われるのは余計な気がするので何も言わずにそうしてほしかった。

ということで現在、再びクリーム難民となりました。一縷の望みをかけて、ここに情報を募集する次第です。美味しいクリーム(白いふわっとしたやつ。練乳は除く、練乳もいいけどね)を日常的に食べるルートがありましたら、山本までご連絡お願い致します。

[連載記事]クリームを添えて:山本握微(掲載:2020-12-06 10:08:00)